保定期間とアフターケア

保定期間は、後戻りを防ぐための大切な時間。
保定期間はきれいになった歯並びの後戻りを最小限にするために重要な時間。万が一、保定期間中に後戻りが起こった場合でも当院なら安心です。

保定装置と保定期間

精密検査・診断
リテーナー(保定装置)

矯正治療後の後戻りは、多少なりともほとんどの患者様に起こり得ます。この矯正治療完了後の後戻りを最小限にとどめるために、歯並びが安定するまでの一定期間、保定装置(リテーナー)を装着します。この期間を保定期間といい、定期的に通院いただいて歯並びの経過観察を行います。保定期間は通常約2年間です。

なお、保定期間後もきれいな歯並びを保つために出来る限りリテーナーを装着されることをおすすめしています。

江口矯正歯科クリニックなら安心です!
当院の矯正費用には、保定装置(リテーナー)や定期的な経過観察の費用が全て含まれています。保定装置(リテーナー)の装着時間などドクターのアドバイスに従い、経過観察のため定期的に通院いただいている方であれば、保定期間中に万が一歯が後戻りを起こし、再度矯正が必要になった場合も追加費用はありません。

虫歯や歯周病の予防など、継続的な口腔ケアを

継続的な口腔ケア

せっかく手に入れたきれいな歯並びを生涯にわたって維持するためには、虫歯や歯周病の予防も大切です。毎食後の歯みがきなどご自身でできる虫歯や歯周病のセルフケアをしっかり行うとともに歯科医院での定期健診などを積極的に受けましょう。

無料初回カウンセリング
まずは、歯並びに関するお悩みをお聞かせください。

お電話でのお申し込み0774-68-2860

無料初回カウンセリングお申し込みフォーム